羽曳野市で整体なら「彩-irodori-整骨院(いろどり)」つらい痛みを根本改善

そもそも坐⾻神経痛って何?

坐⾻神経は腰の下部から⾜にかけて伸びている神経で⼀般的に坐⾻神経痛とは「お尻から⾜にかけての痛み、またはしびれが起こる症状」とされます。

ここで重要なことは、坐⾻神経痛とはあくまでも症状であって、診断名ではないということです。

坐⾻神経痛の⼈がおこなっている習慣にはある共通点があり、それが原因で痛みやしびれを起こしていることが多くあります。

その原因である《悪習慣》を⾒直すことで症状の改善が⾒込めます。それではその《悪習慣》というものと同時に対処法を順に紹介していきます。

坐⾻神経痛の原因とは

坐⾻神経痛になる3つの原因

1 腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアとは「⾶び出す」という意味で、腰椎椎間板ヘルニアとはその名の通り、腰椎の椎間板(髄核)が⾶び出している状態のことを⾔います。

この⾶び出した椎間板が腰椎の神経に当たり腰やお尻、⾜にかけて痛みやしびれを引き起こします。

youtuituikanban_01-l

2 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、神経を通す管(脊柱管)が腰椎すべり症、腰椎の変
形、靭帯の変性で狭くなることによって、腰から⾜のしびれ、間⽋性跛
⾏(*)が出る状態です。

*間⽋性跛⾏・・しばらく歩くと⾜に痛みやしびれを⽣じ、少し休憩す
るとまた歩けるようになる症状のことをいいます。
休憩する時に前屈みになると楽になるのが特徴です。

p08_4

3 筋・筋膜性

筋⾁や筋膜のねじれ、収縮によっておこる坐⾻神経痛です。
坐⾻神経はお尻の深いところを通っていて、多くの筋⾁に囲まれていま
す。

ということは、坐⾻神経の周りの筋⾁の収縮が強くなり過ぎると、坐⾻
神経を圧迫してしまい、お尻から⾜にかけての痛みやしびれが起こるの
です。

以上のように3つの症状がおこって坐骨神経痛になります。

mig

坐⾻神経痛になる理由

ではそもそもなぜ坐⾻神経痛になってしまったのかわかるでしょうか?

今までお伝えした「どこが原因」かも⼤事なのですが、それよりも「今までに何をしてきたことが原因か」が⾮常に⼤切になります。

つまり、坐⾻神経痛になってしまったということは、何か腰に負担の掛かる悪い習慣をしていて、それが積み重なって坐⾻神経痛になっている可能性が⾼いということです。

この《悪習慣》をご⾃⾝でわかっていれば、気を付けることができま
す。

しかし多くの⽅はこの悪い習慣を知らないうちにしてしまっています。
そのため、いくら治療しても痛みが元の状態に戻るといったことが起こ
るわけです。

悪い習慣を⾃分で気付ければ問題ないのですが、なかなか⼈間は⾃分を客観的に⾒ることができません。⾝体のことであればなおさらです。

悪い習慣は姿勢から

【座り⽅】

⻑い時間同じ姿勢を取っていると、姿勢を保つ背⾻や腰周り、お腹の中
の筋⾁が硬くなっていきます。

デスクワークの⽅だと、特に背⾻や腰周りの筋⾁。⽴ち仕事の⽅だと、⾜の筋⾁が疲れ、それが腰の不調の原因になっていることが多いです。

ただ、良い姿勢を取ることで腰への負担を軽減させることはできます。

私が患者さんに座り⽅についてアドバイスをするときに、まず「正しく
座ってみてください」と⾔ってやってもらうのですが、正しい座り⽅が
できている⼈は⾮常に少ないです。ほぼゼロに等しいと思います。逆に
⾔うと、正しい姿勢が取れていないために腰痛になっているとも説明で
きます。

こんな姿勢になっていませんか︖

まず、多くの⽅がしてしまっている悪い座り⽅が2つあります。

1 ⾻盤が後ろに倒れ、上半⾝が前に出て猫背になる ✕

shisei_img02_02

この姿勢をしている⼈が多く、おそらく70%くらいの⼈はこの形だと感じています。

この座り⽅をしていると腰の筋⾁が引っ張られ、お腹の深いところ
の筋⾁が収縮して腰への負担が⼤きくなります。

さらに、頭と顔が前に出るため⾸や肩にも負担が⼤きくなる悪い座
り⽅の典型です。

2 椅⼦に浅く座り、背筋を伸ばし過ぎる ✕

⼥性に特に多い座り⽅です。

背筋が伸びて姿勢が良さそうに⾒えるのですが、この座り⽅は⾃分で無理をして背筋を伸ばしている状態なので背中や腰の筋⾁にかなり負担がかかります。

腰が反りすぎて腰痛の⼤きな原因にもなります。

8J537NmU_1504681656

正しい姿勢(座り⽅)

では正しい座り⽅のご紹介です。
正しい姿勢の2つのポイント

1 ⾻盤を⽴てる

shisei_img02_01

⾻盤が寝た状態だと背⾻が後ろに曲がってしまうので、ほぼ確実に猫背になってしまいます。

猫背が体に及ぼす悪影響

・背中や腰が丸くなることで筋⾁の緊張が⾮常に強くなる
・頭や顔が前に突き出て、⾸や肩に負担が掛かる
・肩が前に巻き込み、胸が圧迫される(縮む)ので呼吸が浅くなる

この他にもたくさんありますが、この3つが⼤きな悪い影響になります。

2 椅⼦に深く座る

なぜ深く座るのが良いのかというと、深く座ることにより⾻盤が安定するからです。
さらに、深く座ると無理なく良い姿勢を保つことができます。

【腰の負担が少ない寝⽅】

腰の負担が少ないのは、横向きか仰向けで寝ることです。どちらの寝⽅も腰が反りにくく、脊柱管が狭くなる恐れがないため、痛みやしびれを防ぐことができます。

横向きで寝るときは、エビのように腰を丸くして軽くひざを曲げましょう。そうすれば、脊柱管が広くなって神経の圧迫がゆるみ、症状が軽い状態で安眠できるでしょう。

いつも同じ側ばかりを向いて寝ていると、⾻盤がゆがんで背⾻にも悪い影響が出て⾎流も悪くなるので、ときどき寝返りを打ち反対⽅向も向くようにしましょう。

【坐⾻神経痛がきつい時のお⾵呂の⼊り⽅】

炎症による痛みというのは、簡単に⾔うと体の中に熱がある状態。そんな時に、例えばお⾵呂でしっかり温まってしまうと後からズキズキとうずくように痛みが出ることがあります。

ですから、夜中に痛くて⽬が覚める状態なら炎症による痛みの可能性が⾼いです。そういった時は、お⾵呂もシャワー程度で控えめにして温まり過ぎないよう注意してくださいね。

【坐⾻神経痛は冷やす⽅が良い】

腰の関節と腰から⾜の筋⾁へ無理な負担がかかり、その度重なるダメージで熱を持って患部が炎症を起こした状態になっています。

炎症は、冷やすことで治まるので、温めるのではなく冷やす⽅が、坐⾻神経痛の根本的な原因に関してはかなり⾼い効果を⾒込めます。

【冷やし方】

次に冷やし方について解説していきます。指で触れてみて熱感を感じる部分や自分で最も痛いと感じる部分を冷やすようにしてください。

mono20438775-160219-02冷やし方は下記の通りです。

図のような子供が熱を出したときに使うアイスバッグを用意してください。もしなければ薬局などに売っているので購入してください。

買いにいくのが痛くていけない場合はスーパーのビニール袋を2枚重ねてアイスバッグがわりにしてください。
アイスバッグの中には、氷を10〜15個ほど入れてください。

注意:急性期の腰の痛みの場合、湿布の使用はやめておいてください。

ヤカンの中のお湯を湿布で冷やせないのと同じで、湿布などで深い部分の熱をなくすのは難しいからです。

保冷剤は、広い部分を冷やすことができないのと、冷えすぎて皮膚が凍傷を起こし、ただれる危険性があります。

ただれてしまうとアイシングすることが困難になるため極力使わないようにしてください。

次はアイスバッグの付方です。

アイスバッグは肌に直接当てて冷やしてください。直接当てないと炎症部分した部分を冷やす力が弱くなり効果がなくなります。

つけるときは、立ち上がった状態でつけてください。骨盤ベルトなどがありましたら上から巻きつけて固定させてください。

61pPW2GYYjL__AC_SS350_

もしなければ、いつも使用しているベルトやゴムのズボンの間に挟んで冷やすようにしてください。

1人で当てると痛くて力が入らずしっかり冷やすことができない場合があるので家族の人が自宅にいるのなら積極的にアイスバッグを当てることを手伝ってもらいましょう。

注意:冷やし始めて最初の5分は冷たくてピリピリ痛みがでる場合があります。皮膚の表面が冷たさで痛みを出しているだけなので心配いりません。

・つづいて冷やすときの姿勢について説明します。

しびれている足側を上にしたり、痛い方の腰を上にしたりして横向きで寝転んでください。

注意:上向きに寝てしまうと腰の筋肉で圧迫されて腰椎が前弯してしまい痛みとしびれが強くなってしまいます。

横向きで寝転ぶときは、寝転んでもらうとさらに楽な姿勢で冷やすことができます。

20141220_a-thumb05

上になった側の膝の下にクッションを置いてください。次に上になっている腕の中にバスタオルなどを入れて抱きかかえるようにすると完全な脱力姿勢を作れるので楽な姿勢の状態で冷やすことができます。

冷やす時間帯は、日中と夜のお風呂上がりに30分ずつ冷やしてください。
冷やす期間は坐骨神経痛の症状が治るまでの期間ずっと冷やすことをおすすめします。

注意:扇風機で風を受け続けるとか、薄着で過ごすなどの、体温を下げてしまうような行動はしないようにしてください。体を温めようとする本能が働き、反対に熱を筋肉の中に閉じ込めるようになるためです。

まとめ

以上が坐骨神経痛の方が普段何気なくしてしまっている《悪習慣》ですが、当てはまることが多かったと思います。

坐骨神経痛が出てしまった場合は、とにかく安静にしながら、患部は温めないで冷やすようにしてください。

特に急性期のときは3時間に1 度30 分間のアイシングをして患部の熱を取ることだけに集中してください。

症状が和らいできたときは、お風呂に入った後か、寝る前に30分間アイシングを行なってください。

大阪府羽曳野市の彩-irodori-整骨院では、坐骨神経痛の患者さんには、独自の骨盤矯正で人間の動作の基盤となる骨盤に適切な圧をかけて錆び付いた関節に油を差し、インナーマッスルマッサージで患部に触れずに姿勢や歩き方を変えたりするアプローチを行い、施術をします。

また、自宅でできる簡単な運動のアドバイスや日常生活の注意点など、坐骨神経痛が治ったとしても再発しないようにするサポートもしています。

 

下記のバナーからお友達追加を行いLINEで簡単ご予約!ご質問も承っております。

LINE

羽曳野で口コミランキング1位の整体なら「彩-irodori-整骨院」 PAGETOP